マスタークラス&ワークショップ

ウィル・オッフェルマンズは現代奏法をフルート学習における必要不可欠な要素としてプロモートするために、マスタークラス/ワークショップを行っています。そして学生やフルート奏者の方々を指導するにあたり、一般的な音質の上達と柔軟性を目指したフルート演奏をテーマとしながら、現代奏法の指導を行ってきました。そして世界各国で指導活動を続けています(例:ハーグ王立コンセルバトリー/オランダ、ロンドン・ギルドホール音楽院/イギリス、マンチェスター北王立音楽院/イギリス、ハンブルグ高等音楽院/ドイツ、モンス王立コンセルバトリー/ベルギー、ウィーン音楽大学/オーストリア、ニューイングランド・コンセルバトリー・ボストン/USA、ミシガン大学/USA、国立音楽大学、洗足学園、上海コンセルバトリー/中国、ソウル大学/韓国、フルート・フェスティバルおよびコンベンション・フランクフルト/ドイツ、ボストン/USA、ボスウィル/スイス、福岡、ラスベガス/USA、ハマー/ノルウェー等)。このページの下記の地図でマスタークラス/ワークショップを行った場所を検索することができます。

現代的なアプローチ

過去数十年前まで、現代奏法は一部の知性的現代音楽への興味のためのみの課題であるようでした。しかしながら現在においては、現代奏法は、音楽一般、音楽教育、そして楽器の練習法の中で、本質的で実に楽しい音楽のアスペクトとしての発展を遂げ、明らかに全ての音楽ジャンルの中でとても身近なものになってきました。現代奏法の分野は、私たちに、今日の躍動的な世界に対する感覚や反応を表現するために、無限の創造手段を発見する可能性を与えてくれます。このアイデアを基本として、オッフェルマンズはヨーロッパを中心とした音楽学校の子どもたちのためのフルート・デーや、音楽大学でのマスタークラスを行っています。

拡張奏法:フルート演奏に必要な身体を発達させるのための道具として

For the Contemporary Flutist
循環呼吸法、バンブートーン、ウィスパートーンなどの拡張奏法(extended techniques / 現代奏法の別名)を練習するとき、実はあなたの身体や筋肉の精練されたコントロールの発達に取り組んでいるのです。拡張奏法の練習は、ほとんど全ての身体部分のアクションが要求されます。そのため、拡張奏法は実際には身体各部分のコントロールを精練し上達させるための「道具」と見なす事ができます。そして、拡張奏法の練習は、明らかにフルート奏者にとって重要な、呼吸法、咽喉スペースとアンブシュアーを訓練するのための「道具」としてとても役に立ちます。それ故に、あなたが特に現代音楽の「クレージー」な音に興味がなくても、拡張奏法の練習に取り組む事は、フルート演奏を豊かに上達させるための本質的な手段といえるでしょう。そして、どんなジャンルの音楽を演奏するにあたっても、拡張奏法の練習は音質の上達と演奏の柔軟性を発達させるために大いに貢献すること間違いありません。

マスタークラスの内容

Tsuru-no-Sugomori score
主な課題:
  • 循環呼吸法 (circular breathing)
  • バンブートーン (bamboo tone)
  • ハーモニクスと重音奏法 (harmonics and multiphonics)
  • ウィスパートーン (whisper tones)
  • 発声法 (vocalization)
  • 音質の上達 (tone-development)
  • 身体の各部分の感覚を磨く (body-mapping)
  • フルート&動き (flute & movement)
  • ゲームスタイルの曲と即興演奏 (game-style pieces and improvisations)
  • レパートリー(下記を参照)

マスタークラスのレパートリー

OnTheMove score
オッフェルマンズの作曲作品の中からのレパートリーとよく使用される教材:

www.forthecontemporaryflutist.com

logo
フルート拡張奏法に関する情報、エクササイズ、バックグラウンドを紹介するために、2012年にオッフェルマンズによりウェッブサイト www.forthecontemporaryflutist.com が発表されました。このサイトでは、彼の現代奏法練習曲集「現代フルート奏者のために」に関する付加的な情報を満載しています。

音楽学校でのフルート・デー・プロジェクト

graph
オッフェルマンズは音楽学校の子どもたちやアマチュアの方々の様々な大きさのグループやレベルを対象としたフルート・デーを数多く行ってきました。このフルート・デーでは、オッフェルマンズ独特のアプローチにより、楽しむこと、創造力、グループアクションが基礎になっています。フルート・デーでは、アンサンブル演奏、図形楽譜、即興演奏、親指笛サムピー、現代奏法等を教材として、フルート・デーの参加者たちを、柔軟性のある音楽やフルート演奏に取り組むことに導き、彼らを音楽の世界へ魅了します。さらに詳しい情報は次のウェッブサイトでご覧いただけます(日本語あり): www.fluteday.com.

マスタークラス&ワークショップのリスト

下記の地図のピンは、ヨーロッパでのウィル・オッフェルマンズの行ったマスタークラス、ワークショップ、フルート・デーのロケーションを示しています。ズームしてそれぞれのピンをクリックすると、それぞれのイベントの写真やビデオのリンクに進むことができます。
ピンの色
= 予定されているイベント
= マスタークラス
= その他のフルート・ワークショップ
= フルート・デー(写真/ビデオあり)
= フルート・デー
イコン
= イベントの場所
= イベントの日程
= 写真を見る
= YouTube でビデオを見る