BSXキャラバン・2009年


3回目を迎える2009年のBSXキャラバンは、103日、4日、10日、11日に行われました。このプロジェクトのイニシエーター、デュオ・上田/オッフェルマンズは、次の3名のゲスト・アーティストを招待しました。一色眞由美さん(モダンダンス)、渡辺えいこ(ラ・エイコ)さん(フラメンコ・ダンス)、アネリンデ・デ・ヨングさん(ヴィジュアル・アート)の皆さんです。
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

BSXキャラバン2009年のイベント

10月3日 16:00 ~ 19:00 ワークショップ
道後公民館(愛媛県松山市)
- 声明&ムーブメント・ワークショップ by 上田純子&一色眞由美
- フルート・ワークショップ by ウィル・オッフェルマンズ

10月4日  14:00 パフォーマンス
久万美術館(愛媛県久万高原)
- ダンス・ソロ、一色眞由美
- イリオス – フルート・ソロ、ウィル・オッフェルマンズ
- 壇の浦 – 薩摩琵琶弾き語り、上田純子
- 庭 – トリオ、一色、上田、オッフェルマンズ
- How to Survive in Paradise – デュオ・オッフェルマンズ、上田

10月10日  18:00 パフォーマンス
大善院(東京都東村山市)
東村山子ども劇場主催
- イリオス – フルート・ソロ、ウィル・オッフェルマンズ
- 壇の浦 – 薩摩琵琶弾き語り、上田純子
- 祇園精舎 – トリオ、ラ・エイコ、上田、オッフェルマンズ
- How to Survive in Paradise – デュオ・オッフェルマンズ、上田

10月11日  13:00 ワークショップ
ふじみ文化センター(東京都東村山市)
東村山子ども劇場主催
- ステージ装飾ワークショップ by アネリンデ・デ・ヨング
- フラメンコ・ダンス・ワークショップ by ラ・エイコ
- 音遊びワークショップ by ウィル・オッフェルマンズ
- 祇園精舎を歌おう・ワークショップ by 上田純子

10月11日  17:00 パフォーマンス
ふじみ文化センター(東京都東村山市)
東村山子ども劇場主催
- 鶴の巣籠り – フルート・ソロ、ウィル・オッフェルマンズ
- 壇の浦 – 薩摩琵琶弾き語り、上田純子
- フラメンコ・ダンス・ソロ、ラ・エイコ
- 祇園精舎 – トリオ、ラ・エイコ、上田、オッフェルマンズ
- Luna y Sierra – トリオ、デ・ヨング、上田、オッフェルマンズ
- 出島組曲 – デュオ、上田、オッフェルマンズ

ワークショップ2009内容

- 音遊びワークショップ by ウィル・オッフェルマンズ
- フルート・ワークショップ「フルート現代奏法」 by ウィル・オッフェルマンズ
- 祇園精舎を歌おう・ワークショップ by 上田純子
- 声明&ムーブメント(呼吸と身体)・ワークショップ by 上田純子&一色眞由美
- フラメンコ・ダンス・ワークショップ by ラ・エイコ
- ステージ装飾ワークショップ by アネリンデ・デ・ヨング

2009年のゲスト・アーティスト


Mayumi Isshiki: contemporary dance
一色眞由美:モダンダンス
1968年日本女子体育短期大学卒業後、コンテンポラリーダンサー、ヒーリングセラピストとしての道を歩む。愛媛ではコンテンポラリーダンスの先駆けとしてダンスグループを創立し斬新な作品を数々発表。同時に、即興ダンス、他ジャンルとのコラボレーション等のソロ活動をおこなう。_1977年「マーサ・グラハムコンテンポラリーダンススクール」(NY)に留学。また、現在に至るまでその創造姿勢に大きな影響をうけたケイ・タケイに出会う。その後、数年間の日、米での活動後、帰国。1984年愛媛にて「アメリカダンスフェスティバル四国」の開催企画、制作協力。また、海外舞踊家の公演やワークショップを実施しダンス界を刺激し、地元愛媛でのダンスの普及啓発活動に貢献する。その後アメリカ、フランス、東京とダンス活動の場を広げる。やがてダンスを通して、呼吸と体の叡智について考えるようになる。1994年マイケル・スカイによる、ブリージングセラピスト養成講座およびアドバンスコース(アメリカ)を終了し、日本でのアシスタント経験と研究を重ねた後、個人及びグループのセッションを始める。日本ダンスセラピー協会の岡山大会では「呼吸からの贈り物」を研究発表。「クォンタムタッチ」ワークショップ受講。_現在、ダンス活動とヒーリング・ストレッチ教室他、「呼吸とココロとカラダ」をテーマに、幼児から高齢者までの幅広い層に県内各地の健康講座や愛媛新聞カルチャースクールで講師を務めている。2007年「一色眞由美ダンス研究所」及び、「風のおどり座」創立。

'La Eiko' Eiko Watanabe - flamenco dance
ラ・エイコ” - 渡辺えいこ:フラメンコ・ダンス
鹿児島市出身。幼少の頃よりクラシックバレエに親しみ10代は新体操で名門鹿児島純心中学、高校にて新体操部に所属。1996年神戸にてフラメンコを始め、1998年スペイン.アンダルシアへ移住。フラメンコの大地へレス、セビリアにて、アンヘリータ・ゴメス、ファルキート、トロンボ、ファナ・アマジャ、コンチャ・バルガス、アンヘリータ・バルガスなどの著名なアーティスト達に師事。2007年に発売されたマウイ・イ・ロスシレニドス(マウイと人魚たち)のウン・ラティート・マス(もう少しだけ・・)というアルバムにサパテオ(足の音)として参加。20097月、ムシカ・デル・インデペンディエンテ賞を受賞。現在は、グラナダのギタリスト、エミリオ・マヤを筆頭とするグラナダの一流アーティスト達と各地で舞台を共演中。又、エミリオ・マヤの経営するフラメンコ・アカデミアの講師として初級、中級を開講し好評を博している。

Annelinde de Jong - visual art
アネリンデ・デ・ヨング:ヴィジュアル・アート
2007年にアムステルダムの名門校・リットフェルト・芸術アカデミーを卒業。専攻は絵画。今年度より、ベルギー・ブリュッセルの芸術アカデミーにて勉強を続けている。彼女の作品は、様々な素材を用いたコラージュが特徴。現在、シンボルを使った、神秘的なテーマに興味がある。学生時代より、絵画/イラストの指導を行う。2007年のBSXキャラバンの参加者。

Production:

Stacks Image 1002

Sponsored:

Stacks Image 1004

Celebrating:

Stacks Image 1008

Supported:

Stacks Image 1006